blackjack splitting livebitcasino banner image main

ブラックジャックのスプリット:すべきときとすべきでないとき

ブラックジャックをプレイするときの目標は、オーバーすることなく21の値を持つカードを手にすることです。しかし、21を出すためにハンドの価値が大きくなると、それを超えてバストする可能性も大きくなります。幸い、これを避けるために大きな値のハンドをスプリットすることができます。しかし、スプリットした方が有利になる場合と、避けた方が良い場合があります。

このLivecasino.ioの記事を読んで、ブラックジャックのカードをスプリットするタイミングとしないタイミングを知りましょう。

ブラックジャックのスプリットとは何ですか?

スプリットのタイミングを知る前に、まずその意味を知っておく必要があります。ブラックジャックにおけるスプリットとは、同じ数字のカードの組を2つのハンドに分けることです。スプリットされた後、新しいハンドに対して最初のベットと同じ額の賭け金を支払います。

なぜベッターは手札をスプリットするのですか? 

ベッターは、1ラウンドで2つのハンドをプレイすることで勝率を上げるため、またはハンドがバストしてそのラウンドが負けになるのを防ぐためにハンドをスプリットします。 

ブラックジャックでスプリットをするタイミング

ハンドをスプリットすることで、弱い手札を良いハンドに変えることができるため、ゲームの勝敗を左右することがあります。しかし、どのような時にスプリットをするのが適切なのでしょうか?

スプリットを選択するのに適したタイミングは、以下の通りです。

Aのペアを受け取った時

ブラックジャックでは、エースのカードはハンドがバストするかどうかによって、11か1のどちらかに評価されます。つまり、エースのペアが出た場合、お客様のハンドは12と評価されます。これは価値の低いハンドなので、すぐにスプリットすべきです。スプリットすれば、バストする可能性が低くなり、ブラックジャックに必要なのは10なので、ナチュラルかそれに近い数字になる確率が高くなります。

例えば、エースのペアを受け取り、それをスプリットしたとします。その後、両方のハンドでヒットすることを選び、9と10を受け取りました。最初のハンドは20の価値となり、2番目のハンドはブラックジャックとなります。そして、あなたは賭けられた両方のハンドに対して賞金を受け取ることができます。

このような幸運は保証できませんが、Aをスプリットすることによって、価値の高いハンドを得ることができます。 

8のペアを受け取った時

8のペアは16になります。つまり、5以上のカードが引かれるとバストになります。また、5より低いカードが出たとしても、ハンドは弱いままです。運を試すことはできますが、16のカードでヒットするのはリスクが高いです。そこで、このカードハンドの値を受け取ったら、カードペアをスプリットした方が、勝率が高くなります。 

ブラックジャックでスプリットしてはいけない場合

スプリットのタイミングを選ぶことが成功の鍵ですが、配られたペアをそのまま続けた方が良い場合もあります。

以下は、ブラックジャックでスプリットをしない方が良い場合です。 

5のペアを受け取った時

5のペアは、10の価値のあるカードが手に入るので、とても良いことです。これは、バストするリスクが低く、次にどのカードをもらっても21に近づくだけなので、理想的な値です。ここで、勝つ可能性が高く、配当を増やしたい場合は、さらにカードを当てるか、仕組み上可能であれば、ダブルダウン(現在のハンドのベット額を2倍にして、もう1枚カードをもらう)することができます。

そのため、5のペアが出たときは、スプリットせず、希望する結果が出るまでヒットを続けます。   

4のペアを受け取った時

4のペアは、10やエースなどの高値のカードが出てもほとんどバストしない8の価値のハンドを作ることができるので、とても良いハンドです。

また、このペアをスプリットすると、ヒットして高値のカードが出る確率が低くなるので、理想的ではありません。仮に出たとしても、最高値は15なので、ディーラーにもっと良いハンドを作るチャンスを与えてしまいます。 

9または10のペアを受け取った時 

9のペア(18点)または10のペア(20点)は、21に最も近い値であるため、ブラックジャックに最適なハンドです。また、ブラックジャックにならなかったとしても、ディーラーがお客様より高いハンドを持つ可能性はわずかですので、スプリットはしないほうがよいでしょう。その代わり、スタンドして、高い勝率をキープしてください。

スプリットのデメリット

スプリットはブラックジャックゲームに勝つための優れた方法です。しかし、ブラックジャックは偶然性のゲームであるため、この方法にはいくつかのデメリットがあります。最も理想的な状況でスプリットを行ったとしても、負ける可能性があります。

例えば、スプリットした後に2つのハンドを持つことになるので、2倍の損失を被る可能性もあります。

そのため、多くの熟練したブラックジャックプレイヤーは、現在のペアを常にスプリットすることは決して理想的なことではないと考えます。ですから、スプリットをするかしないかを決めるときは、上記のヒントを参考に、リスクを計算しながら行動してください。

ただし、先に述べたように、上記のコツを実践したからといって、成功が約束されたわけではなく、あくまでも確率を有利にするだけです。つまり、上記を実行しても、ラウンドを失う可能性はあります。

幸いなことに、スプリット(またはスプリットしないこと)を間違えてしまった場合でも、勝てる可能性があるということです。自分の直感を信じるか、この記事のヒントに従って、ブラックジャックでスプリットをすることが賢明な判断であると思われる場合には、スプリットをしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。